「喉を開いて、高音を出す」方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!アン ヴォ―カル・ピアノスクール代表の浅井です。

「高音になると、のどが苦しくなる」
「高音になると、声が小さくなる」
「高音になると、声がキンキンする」
「高音になると、声がかすれる」
こんなことでお悩みの方、多いのではないでしょうか?


これらを解決する喉のトレーニングの方法について、順番に解説していきます。

1.「喉を開く」ってなに?
2.「舌骨を下げる」トレーニング
3.「喉仏の上げ下げ」トレーニング
4.「突き抜けるような高音」にするには?

1.喉を開くってなに?

よく「のどをよく開いて」と言いますが、どうやったら喉が開く感覚になると思いますか?
よく指導でありがちなのは、「舌根を下げましょう」

私もこれを過去にこれを指導されたことが何度もあります。


実は、「舌の根元を下げようとする」動作そのものが、
「喉のつまり」を生む結果になる


舌が落ちている状態は、舌骨を首のほうへ押し込んでしまうということが起こり、
「口は大きく開いてるけど喉は開いてない、詰まっている」
という感覚になります。

医学用語で「低位舌」と言われ、口呼吸になり呼吸が浅くなると言われ、良いこととはされていません。
「舌根沈下」は、舌が落ち込んでいると呼吸が詰まってしまうことを言い、救命蘇生時に命に関わるのです。

舌を下方へ無理に押し込むことは、喉を開けるどころか、喉を詰まらせてしまう大きな原因になります。



「喉が開いた」という感覚の正体は、「舌骨が下がった感覚」

2.「舌骨を下げる」トレーニング


舌骨はどこにある?

上の図のHyoid boneというものが、舌骨です。

あごと喉仏の間を触ってみて、横長の細い骨を発見できたでしょうか?
舌骨が中に埋まってわかりにくい方は、首を上に挙げながら舌を出し、少し横のほうを触っていただくとわかるかもしれません。

①ストロー呼吸をしましょう

ストローを吸うように息を吸い込む練習をします。
舌骨が下がったのが確認できたでしょうか?

②ハミング

吸い込んで、舌骨が下がったままで「ん~」と声を出します。
そうすると、まさに舌骨の辺りに、声の響きが感じられると思います。

それが咽頭共鳴です。

咽頭共鳴によって、「太い響きの声」「低い音から高い音まで、同じ太さの声をキープ」できる

③高音でも舌骨を下げる

ハミングのまま、だんだん音を上げていくと、舌骨が上に上がりたがります。

でも、
舌骨をできるだけ下げたままにできるようにします。

もし苦しいようであれば、小さい声で響きを感じながら出すことを心がけます。
慣れてきたら、「ホー」でも練習してみてくださいね。

3.喉仏の上げ下げトレーニング

さて、次は、喉仏の上げ下げです。

先ほどの舌骨下げの筋肉とは別の筋肉のトレーニングになりますので、そこに集中するため2の練習は、一旦、忘れちゃってください!

①喉仏を上げる

触りながら、大げさに「ええー?」と聴き返す。
喉仏が上がったのがわかりましたか?


喉仏を上げる筋肉が強くなると、声帯の閉鎖を助け、高音域で地声感のある声が出せるようになる


高音で裏声っぽさが抜けない方は、これで解決できます!!

 

②喉仏を下げる

喉仏を下げる筋肉については、元々強い方が多いです。
元々地声が大きい人は、あまり沢山はやらないほうがいいかもしれません。

なるべく低音で、「オ、オ、オ」と軽く言ってみます。
その時に少し喉仏が下がれば、そのくらいの力加減でOKです。


元々地声が弱い方に関しては、低音で「エとア」の間の声で、しっかりと出します。
喉仏の下の方を触って、筋肉が動くのを確認してください。

そのまま喉仏が上に行かないようにしながら、発声をします。


どうして、「喉仏を上げる筋肉」と「下げる筋肉」の両方を練習しないといけないのか?


逆のことで意味が分からないと思われませんか?

それは、上下に引っ張り合うことが望ましいからです。

喉仏を四方八方へ引っ張り合っている筋肉があり、バランスよく引っ張り合うことが声の楽な出し方だからです。

4.突き抜けるような高音にするには?

突き抜けるようなロックの高音の響き黒人歌手のようなパワフルな高音はどのようにしたら出せるのでしょうか?

2の舌骨と、3の喉仏の上げ下げを同時に行います。

①まず喉仏と舌骨を下げる。
②舌骨を下げたまま、喉仏を上げながら高い声にスライドする
③高い音になるにつれて、軟口蓋を上げる



2と3の操作が、完全に自分の思い通りにできるようにならないと、いきなりこれはできないかもしれません。

一人でやると、間違ってしまって喉が苦しくなってしまうこともあるかと思います。


自分での筋肉の感覚と、聞こえる声を一致させるのには、数か月~何年もかかります。


地道な努力が必要となりますが、レッスンではなるべく早道になるようサポートしていきます!

チャレンジしてみたい方は、ぜひアンヴォーカル・ピアノスクールの無料体験レッスンにいらしてください。

続けていけば、「舌骨を下げるけど、喉仏を下げない」も、だんだんとできるようになってきます。

そのテクニックを習得すると、高い音を出すときに、大きい声でもラク~に自由に出せるようになるんです!


みなさんが歌うことにストレスを感じなく、自由に楽しく歌えるようになれるよう応援しています!


アンヴォーカル・ピアノスクールのボーカルレッスンはコチラ

コメントは利用できません。

45分無料体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら