「声がひっくり返らずに、高音を出す」には?【音声ガイド付き】

アンヴォ―カル・ピアノスクールの浅井です。

今回は、声のひっくり返りを改善する方法をお話ししていきたいと思います。

 

声のひっくり返りは、地声と裏声が急激にクルっと入れ替わって、声の音色に差ができてしまう現象ですね。

高音だけでなく、人によっては低音や普通に話していても起きることがあります。

これを「地声と裏声の分離」と言います。


地声と裏声が同じくらいの声量で出すことができれば、地声↔裏声と変わるときにひっくり返ることはなくなります。

ひっくり返る方は、裏声が弱く、地声が重い方が多いので、まず裏声を強くししていく練習をしていきましょう。

ひっくり返らずに地声と裏声が行ったり来たりできるようになると、こんな感じで高音でも強い声が出るようになりますよ!

全部地声に聴こえるかもしれませんが、高いシくらいから裏声を混ぜています。

男性の生徒さんでも、同じ音域まで出せる方も意外といらっしゃいますよ。

練習の仕方を順を追って説明していきますね。


まずは裏声で喉を開く

地声から裏声にひっくり返った時の裏声って、変な声に感じますよね。

それは、変わった後の裏声がかすれたり、声が急激に小さくなったりと、裏声が弱すぎるために起こります。


そのため、地声だけでなんとか踏ん張ろうとして、地声の筋肉が強くなり、裏声の筋肉が衰弱してしまいます。

地声に少しずつ裏声の筋肉を入れて声を出せるようになれば、今の音域よりも高い声が出るようになりますので、ぜひ頑張って練習していきましょう。

喉を開く感覚は、喉頭蓋という声の通り道をしっかり開くことで、感じられます。
喉頭蓋は目で見えませんし、触ることもできないのでよくわかりません。

実は、顎と喉仏の間にある、舌骨の動きと喉頭蓋は、連動しています。

舌骨は手で触ることができるので、舌骨を触ることで喉頭蓋が開いているかどうかを、判断することができます。

では、顎と喉仏の間に、U字の形をしている細い骨=舌骨(Hyoid bone)を見つけましょう。
(人によっては、喉仏よりも奥に入ってしまっていたり、喉仏とくっついてしまってわかりにくいかもしれません。そのような方は、喉のマッサージをしましょう。)


舌骨が見つけられたら、舌骨を触りながらストローを吸うように息を吸います。

その時に、舌も後ろに引っ込めるようにしましょう。
そうすると舌骨が前の下方向に出てきませんか?

舌骨がこのように斜め下に出てくると、喉頭蓋が開いた=喉が開いたということになります。

この感覚を忘れずに、ホーっと裏声を出します。

いつより響く感じがしたらOKです。
そのまま裏声だけで発声練習をしていきます。

ひっくり返らない感覚を覚える

裏声が出るようになってきたら、今度は地声と繋ぐ練習をします。

裏声のホーから地声にスライドさせる練習です。

地声に変わるときにひっくり返ってしまう方は、地声になった時に舌骨が上がり、喉が締まっているためです。
舌を後ろへ引っ込めることで、舌骨の上がりを防ぐことができます。

舌を後ろへ引っ込めるときに、なるべく上あごに舌をつけたままにしておいてください。
その方が喉が開いたままにしやすくなります。


続いて、裏声から地声に下りて、また裏声に切り替えていく練習をします。
地声から裏声に移るときにも、舌骨が上がらないように注意してください。


舌骨を意識しながら何回か繰り返し練習していくと、ひっくり返らないようになっていくと思います。

地声と裏声のバランスを取る練習

今度は、ララララを言ってみたいと思います。

舌を上あごにつけながら、後ろへ引っ込めるということを意識しながら、地声⇔裏声を行ったり来たりしてみましょう。

ポイントは、舌先が一回一回パタパタと下がらないようにすることです。

感覚的には、舌が上あごにほとんどくっついたままで浮いた感じがするかと思います。

低音へいったときに、舌が下がってしまうと地声が重くなりやすくなります。
そうすると、高音へまた戻るときにひっくり返ってしまいますので、低音へ下りてきたら小さめに出してください。


どうしても喉が詰まってしまう方は、舌が前に出すぎているせいです。
舌先を裏声のホーの位置と同じくらい後ろへ引っ込めてラララを言うようにして下さい。

この時にはっきりラと言えなくてもいいので、舌の位置と舌骨のコントロールに集中して行ってくださいね。

どうでしょうか?
ひっくり返りが少しずつ弱くなってきていませんか?

地声から裏声に行く途中で、今まで出したことのない裏声か地声かわからない声が出てきたら、それがミックスボイスです!

その声を長く出せるようになってきたら、歌でもひっくり返ることがなくなってきます。

ミックスボイスで高音を出す

次のステップは、地声からスムーズに裏声に切り変える練習です。

ネネネを言います。
しっかりと舌の奥を上げて、変な声に聴こえるかもしれないくらいがちょうどいいです。

ストローを吸うように息を吸って、口を横に開きます。
舌先は口の真ん中くらいに来るようにして、舌先だけわずかに動かして、ネを言ってください。
それと、顎は動かさないようにしてください。

途中苦しくなったら、かわいい裏声に切り替えてくださいね。

舌の位置と、舌骨の位置を覚えていけば、どなたでもひっくり返らずに強い高音も出せるようになりますよ!

是非頑張ってみてください!

アンヴォ―カル・ピアノスクール
浅井 のぞみ

コメントは利用できません。

30分体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら