キッズ・ボーカルコース

うれしい!やった!すごい!」が感じられるボーカルレッスン

どんなお子さまにも、「その子を輝かせるもの」を見つけてあげたいと思いませんか?

しかし、お子さま自身にも保護者にも気づかれずに、過ぎてしまうことが少なくありません。

アンヴォーカル・ピアノスクールでは、お子さま一人一人が持っている
「声の素晴らしさ」を発見していきたいと思っています。


声が上手く出ない子
学校の音楽の授業があまりわからない子
楽譜が読めない子
音程に自信がない子
恥ずかしがり屋な子
声変わりなどで心配な子

実は、どんなお子さまにも、自分に合った声の出し方があるのです。

残念ながら、集団授業で教わる学校の授業では、
自分に合った声の出し方は教えてはもらえません。

自分に合ってない声の出し方をしているために、音域・声量が伸びない場合も多いです。

当スクールのレッスンでは、その子の生まれ持った声に合わせた発声や、歌い方をマンツーマンで指導していきます。


その中で、今まで出なかった大きい声、遠くまで響く声やきれいな高い声が
自然と出せるようになっていくことができます。

自分の歌がどんどん変わって、
子どもたちが「うれしい!やった!すごい!」と
ワクワクするようなレッスンを心がけています。

☞30分無料体験レッスンのお申込みはこちら

いろいろな声を出して、遊んでみよう

一般的に「おなかから声を出す」と言われていますね。

けれども、実は声を出す際には、腹筋の入れ方だけでなく、「喉の筋肉のトレーニング」をしていくことが大切なのです。

声の出しにくさは、喉の中の強い筋肉、弱い筋肉のアンバランスのせいでおこります。

いつも野球などで地声で叫んでる子は、高い裏声が出にくくなりますし、合唱で裏声ばかり出している子は、地声が出にくくなります。

ある時は、「子ねこの真似してみよう!小さくかわいく出してみよう」
またある時は、「おじさんみたいな低い声を出してみよう」

モノマネをするように楽しみながら、色んな声を出す発声練習を行っていくことで、喉の筋肉がバランス良くつけられるようにしていきます。


レッスンを重ねていくと、
地声と裏声の両方が混ざり合った、ミックスボイスと言われる声が出るようになります。

今までのような、低音から高音まで声がひっくり返ったり、喉が苦しくなることもなく、
大きな声で歌うことができるようになります。

また、声が嗄(か)れにくくなり、音程も外れにくくなります。

喉の筋肉をしっかり使った発声の方法は、声楽、合唱、ポップス、ロック、ミュージカルと、様々なジャンルに合わせた歌い分けをすることも可能です。

変声期のお子さまには、配慮が必要

小学5,6年になると、男の子・女の子関係なく、声変わりがはじまります。
今まで楽に出ていた高い声が出しずらくなったり、声がひっくり返ったりしてしまいます。

自分の歌が下手になったと思って、歌うことに自信がなくなってしまうお子さまも多いですね。

そのようなデリケートな期間には、無理をさせず、「今はちょっと出にくい時期だけど、終わったら声が出るようになるよ」と、お子様が安心するような声掛けをしていきます。

この時期でも、喉に負担をかけない練習を継続していくと、変声期が落ち着いたころには戸惑うことなく、声が出るようになります。

特に男の子は、1オクターブ以上も音域が変わって、自分の声をどう扱っていいかわからなくなって、音程が外れてしまうお子さまもいます。

正しいボイストレーニングは、お子さまの声変わりの戸惑いや悩みを解決するのに、大きく役立つことでしょう。

子どもたちにきれいな言葉の発音を

[アンヴォーカル・ピアノスクールのレッスンでは、言葉の発音の仕方もレッスンで行っていきます。

実は、食文化や姿勢の変化で、現代の子供たちは「舌や顎の筋力」が低下しているのです。

滑舌は、「舌の筋力をつけること」で改善されていきます。

言葉に合わせた舌の使い方や口の開け方を気をつけながら歌うことで、きれいな言葉の発音ができるようにしていきます。

歌を通じて、日本語や英語の発音を学ぶと、学校での発表や普段の話し方もハキハキとしますよ。

自己表現することの楽しさ

歌には、「楽しい」「嬉しい」「悲しい」「寂しい」など、色々な感情が音楽や歌詞に込められています。

「その気持ちって何だろう?」
「どんな風に歌ったら、悲しそうに聴こえるかな?」
など、考えながら歌を歌っていくと、想像力や表現力が自然と身についていきます。

自分の気持ちを表現できることは、そのお子さんの自信につながり、自己肯定感を育むことにとても役立ちます。

ご自宅から、オンラインレッスンが受けられます。

新型コロナウイルスで学校や習い事もほとんどお休みとなっている中、お子さまが気分を発散するにはボーカルのオンライレッスンは最適です!!

スマホさえあれば、ご自宅でも本格的な個人レッスンが受けられますので、是非この機会にご利用ください。

SkypeやZOOMを使って、レッスンが受けられます。

☞詳しくは、オンラインレッスンコースのページをご覧ください。

当スクールと学校の音楽授業との違い

学校はみんなを対象にした、童謡や唱歌、一般的な音楽知識を学ぶことが多いです。

しかし、本当はひとりひとり音楽の捉え方は違います。

例えば、クラシックが好きな子もいれば、ポップスが好きな子、アニソンやミュージカルが好きな子もいます。

当スクールのレッスンでは、その生徒さんが求める音楽を学べます。

レッスンでの練習曲は、どんなジャンルでもOK!
自分の好きな曲でレッスンが受けられます。

それが本当の意味で、音楽をより深く感じ、好きになれるということ。

アンボーカル・ピアノスクールで、あなたの音楽を見つけていきましょう!

年に1回の発表会

当スクールでは、自由参加での西東京市内のホールでの発表会を開催しております。

年に1回の発表会の3,4か月前から練習し、時間をかけて完成させていきます。

恥ずかしがり屋のお子様でも、しっかり歌いこんで臨むので大丈夫です。

子ども達が一生懸命ステージで一人で歌う姿は、ご家族のみなさんにとっても感動のひとときになるでしょう!

親子や兄弟で、ボーカルレッスン♪

親子または、ご兄弟での受講は、上記の料金+1.000円のお月謝で、お二人ご一緒に受けられます。

発声練習は、それぞれの声に合わせて行います。
同じ曲を一緒に歌ってもいいですし、それぞれに自分の好きな曲を歌ってもOKです!
色々なかたちで、歌を楽しむことができますよ。

代表:浅井のぞみからのメッセージ

「私が子どものころは、運動も勉強もあまり得意なタイプではなく、目立つようなタイプではありませんでした。
そんな私でも、中学生の頃に歌うことと出会って、自分の個性を発揮することができるようになりました。

当スクールのレッスンを受けに来る子供たちの中にも、学校で「歌の上手い子だ」「素晴らしい歌声だ」と言われるようになったというお子さんも多く、その子の自信になっているようです。

『大きい声で堂々と歌える』ということは、これからの将来に向けて、きっと役立つことが多いはずです。

どんな声でも、磨けば必ず光ります。
お子様の声が輝くように、お手伝いいたします!


料金

無料体験レッスンを受けてから一週間以内の入会お申し込みで、入会金10.000円→50%OFF!

コース 時間 回数 料金
浅井 のぞみ 

30分  月4回  8.000円(小学生)
45分  月3回
 月4回

9.000円  (小学生)
12.000円(小学生)

60分 月2回 8.000円(小学4年生以上)
3回以上は、1回あたり4.000円で
追加できます。

 

コース 時間 回数 料金

福山 美由希 

30分 月4回 7.000円(小学生)
45分 月4回 9.000円(小学生)
60分 月2回 7.000円(小学4年生以上)
3回目以上は、1回あたり3.500円で
追加できます。

※レッスンの振替は、レッスン日前日の23時59分まででの受付となります。それ以降は消化扱いとさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください




45分無料体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら