歌い方をしっかり学べば、さらに上手く歌えるようになります!

 

こんな方におススメ

■カラオケが上手くなりたい
■人前でうまく歌いたい
■音痴を直したい
■高音が出せるようになりたい
■プロの歌手のように歌いたい
■歌っても声が枯れないようになりたい
■ビブラートなどのテクニックも習いたい

歌うことについて、悩みを抱えていませんか?

●歌いたいけど自信が持てない

「どう声を出していいかわからない」「どうやって歌っていいかわからない」と、自信を持って歌うことはできませんよね。

でも、歌のセンスがないとか、元々の声が悪いのではありません!

正しい声の出し方や、自分に合った歌い方を知らないだけですよ。

これらを学んでいけば、どなたでも変わる可能性があります!

●音程に合わせて歌えない

ボイストレーニングを受けて、自分の声をコントロールできるようになっていくと、音程の高さも調節できるようになります。

●リズム感がない

音源のドラムの音をよく聴きながら、身体でリズムを取る練習をします。

レッスンでは電子ドラムも使って、生徒さんがリズムを感じられるようにレッスンすることができます。


●高音を出せない

「高い音ほど力を入れないといけない」と思ってはいませんか?

当スクール独自の舌骨発声ボイストレーニングで、ほとんどの方が1オクターブ以上も音域が伸びます。

苦しさを感じないで、気持ちよく喉が開いた状態で、高音が出せるようにトレーニングします。

舌骨発声ボイストレーニングについてはこちら


●声量が小さい

声量が出ない人の原因は、「息漏れ」です。

息漏れしやすい人は、「声帯を鍛えるトレーニング」、それと「舌を鍛えるトレーニング」をしていきます!

この2つをトレーニングしていくことで、大きい声を出すことがビックリするほど楽になります。


●すぐに声がかれてしまう

声がれしやすい人は裏声が出せない場合も多いので、裏声をトレーニングしましょう。

裏声を鍛えると、地声で歌った時にも声がかれにくくなります。


●息が続かない

「息を吐きながら歌う」「息に乗せて声を出す」という意識が強すぎていませんか?

腹筋や背筋を使って、歌う練習が効果的です。

●表現力がない

「感情を歌で表せるようになりたい」「歌への気持ちを込め方がわからない」「抑揚をつけて歌えるようになりたい」

歌詞やメロディ・伴奏から、自分なりのストーリーをイメージしょう。

『歌を表現するためのストーリーシート』をもとに、「どういう気持ちで歌いたいか」を講師と一緒に考えを掘り下げていきます。

歌いたいイメージが具体化されると、音楽で自分の気持ちを伝えられるようになっていきます。

上手に歌えるようになるためにはボイストレーニングが欠かせません

●なぜボイストレーニングが必要なのか

録音して聴いたときに、「自分の声ってこんなだったんだ」と、違和感を感じたことはないですか?

「自分ではいい声が出ていると思っても、他人からはキンキンした耳障りの声になっている」

「音程が合わないことに気づかない」

自分の声は身体の中を伝わって聴こえるからで、他人に聴こえる声と違ってしまいます。

本やインターネット上にある、色々なボイストレーニングの方法を参考にして、練習している方も多いと思います。

「その中で何が自分に合っているか」「書いてある通りに正しくできているか」ど、なかなか自分で判断することができません。

●ボイストレーニングをしないと、歌い方にどう影響するのか

ボイストレーニングをしないと、声のトラブルも起きやすくなります。

結果として、喉が痛くなったり、声がかれたり、かすれたり、音程が合わなくなったりと、歌いにくさを感じます。

また、音域は自己流で広げることは難しいので、今自分の持っている音域の中で歌える曲しか歌えません。

ボイストレーニングを受けると、今まで絶対に歌えなかった音域や声量が広がり、自分の思い通りに歌が歌えるようになります。

●ボイストレーニングの内容とは?

アン ヴォーカル・ピアノスクールのボイストレーナーは、300名以上を教えた経験から、生徒さんの声を聴いただけで、「上手く歌えない原因」を判断することができます。

そして、生徒さん自身が最も効率よく、自分の声が正しく出せているか判断できる方法を考え出しました。


自分の首(喉)を触りながらの発声法」です。



喉の動きを確かめながら声を出すことで、正しい声の出し方ができているか、手で触った感触ではっきりわかるようになります。

この練習を積み重ねていくと、「どんな練習をしたらいいか」「どうやったら歌いやすくなるか」を自分でも判断・修正していくことができるようになっていきます。

まずボイストレーニングだけしっかり学びたい方は、ボイストレ―ニング・発声専門コースがオススメです。
 

ボイトレを学んだうえで、歌に生かしていく

●ボーカルコースでは、ボイトレと歌の両方を学べる

いきなり曲を歌うと、発声練習では出た声が分からなくなってしまうかもしれません。

最初は全部アの母音で歌ってから、徐々に歌詞をつけていくと、発声が崩れることなく歌えるようになります。

また、慣れるまで実際のテンポより遅くて歌ったり、うまく歌えないフレーズだけ取り出して練習することが大切です。

▶カラオケで上手く歌う方法を詳しく知りたい方はこちら

ポップスの場合は、その曲の特徴を捉えたリズムの取り方を意識して歌います。

例えば、

「なめらかにつなげて歌った方がいい曲」
「弾むように歌った方がいい曲」

など、その曲に合ったリズムを感じながら歌うと、曲の完成度が上がります。

●発声で上手く声が出せたら、歌でそれをどう生かしていくのか。

「発声では声が思うように出せたのに、曲になると途端に歌えなくなる」
という方も多いのではないでしょうか?

曲で上手く歌えなくなる最大の原因は、歌詞を発音する際に「舌が邪魔をしている」のです。

歌詞で、
子音が付いたり、音やリズムが変化していくのに合わせて舌の根元が動きます。
そうすると、喉を詰まらせる原因となる舌骨の挙上が起きてしまい、喉が詰まったり、声が小さくなったりします。

当スクール独自の「舌のトレーニング方法」を行っていくと、歌詞をつけても喉の詰まりがなく、スムーズに歌えるようになります。
また、滑舌に自信のない方にも大変効果があります。

歌詞をスムーズに発音できるようになると、リズム感、音程、抑揚など、様々な表現がしやすくなります。


また、洋楽の歌い方を学びたい方は、洋楽ボイトレコースがオススメです。

アン ヴォーカル・ピアノスクールの理念

●上手く歌えるようになるためには、小手先のテクニックだけではなく、まずボイトレをしっかり学ぶことが大切

歌いたい曲に自分の音域が届かないということないよう、 ボイストレーニングで音域を広げていきましょう。

また、ポップス、バラード、ロック、ミュージカル、歌謡曲、演歌など、あらゆる曲に対応できるような幅広い声の出し方を身につけましょう。

●歌はノリだけではない

「歌はその時の気持ちで歌えばいい、技術なんて関係ない」

自己流でやってきている方には、そのような考えの方も多いのではないでしょうか?

でも、せっかくその時の気持ちを表現したいと思っても、声を出すのが苦しかったり、高い音がかすれたりしてはどうでしょうか。

声の出にくさを感じて、気持ちを表現しきれないこともあるかと思います。

発声が安定することは、 自分のやりたい表現が自由にできるということに繋がるのです。

※歌の表現について詳しいことは、こちらに書いてあります。
「歌の表現力をつける方法とは?」

●あなたの声はもっと可能性を秘めているかもしれない

歌えないと思っていたのは、 あなたに合った声の出し方を知らなかっただけかもしれません。

ボイストレーニングによって、音域や音量が広がり、 誰でも自分の好きな歌が歌えるようになるのです。

●音楽を学んだことがない方・楽譜を読めない方でも、これから学んでいくことは十分可能です。

歌を学び始めるのに年齢は関係ないです!

ただし、早く学び始めた方がより早く歌が上手くなるので、学ぼうか悩んでいるならば、なるべく早く学び始めることをオススメします。


●気持ちよく歌えるようになれば、心も前向きになれる。

声は、人に自分の気持ちを伝えるという大切なツールです。

自分の声が変わると、自信が湧いて、自分の気持ちを表現することもできるようになるかもしれません。


ストレスが溜まっている時、落ち込んだ時など、自分の気持ちに合った歌を歌うことが、前に進むきっかけになるかもしれませんよ。

●歌を学ぶことは、自己成長にもつながる。

本気で歌に取り組むほど、歌が飛躍的に成長します。

思うように歌えない自分と向き合うことや、声の自己管理をしていくことは、新しい自分を発見したり、自分を見つめ直すきっかけになることもあります。

歌うことを通して、みなさんの人生が豊かになれるよう応援していけたらと思っています。

担当講師の紹介

浅井 のぞみ

東邦音楽大学音楽学部声楽科卒業。
中学校教諭第一種免許、高校教諭第一種免許取得。
二期会オペラ研修所へ進学後、都内大手ボーカルスクールにて勤務。
わずか1年で70名を担当する、人気トレーナーとして活躍する。
2008年に独立し、西東京市にてアンピアノボーカル教室を開校。
2017年アンヴォーカル・ピアノスクールに改名。

私のレッスンでは、「講師が一方的にどんどん進めて時間になったら終わり」ということはしません。

「どう歌えるようになりたいか」「どこが苦しいか」「何がわからないか」
わからないことや疑問に感じたことはないか、生徒とさんとよく話をしながらレッスンをしています。

あなたの歌声がもっと輝けるように、全力でサポートいたします!

▶詳しいプロフィールはこちら

 

レッスンの流れ

STEP1 発声練習30分

IMG_0821あなたの声の特徴、その日の声の調子に合わせた発声練習をしていきます。

色んな発声パターンを練習しているうちに、みるみる自然に声が出てきてビックリ!

STEP2 曲の練習30分

IMG_0495 (2)どこを気をつければいいか、どのように歌ったらいいか、ポイント絞って練習していきます。

強弱やリズムの取り方など、苦手なところを中心に細かく練習して、曲の完成度がアップ。

STEP3 本日のまとめ

IMG_0822良くなった点、もうちょっと練習が必要な点など、本日のレッスンのポイントをまとめます。

お家でも簡単にできる練習法などもアドバイス。

その他、ご質問やご心配なことがありましたらお気軽にお聞ききください。

 

料金

無料体験レッスンを受けてから一週間以内の入会お申し込みで、
入会金5.000円→50%OFF!

講師  対象 時間 回数 料金 

代表
浅井 のぞみ
(火曜~土曜)

一般
(月謝制)

60分

月2回
月3回
月4回

9.000円
12.000円
15.000円

中高生
(月謝制)

60分 月2回
月3回
月4回

8.000円
11.000円
14.000円

シニア(65歳以上)
(月謝制)

60分 月2回
月3回
月4回
8.000円
11.000円
14.000円
単発レッスン 60分 1回 6.000円
(1回のレッスンごとにお支払いいただきます。
※月謝制のレッスンの振替は、レッスン日前日の23時59分まででの受付となります。それ以降は消化扱いとさせていただきます。単発レッスンは、レッスン日当日のキャンセルも受け付けております。

 

お気軽にお問い合わせください