ボイストレーニング・発声専門コース

こんな方におススメ

■声量・音域を劇的に広げたい。
■今まで受けてきたボイストレーニングに限界を感じる。
■声が嗄(か)れたり、喉を痛めやすく歌うのがつらい。
■どんな難しい曲でも、自由に歌えるようになりたい。

自分の声を、自由にコントロールすることとは?

レッスンでは、よく生徒さんからこんなことを聞かれます。
「プロのとても上手な歌手の方々は、無理して声を出しているように見えないです。
高い音でも簡単に出てるみたいです。
やっぱり元々の喉が違うんでしょうか?」

そうですね、一般の方は、いつもより高い声や大きい声を出したとき、長い時間声を出し続けたときに、喉が疲れたり嗄(か)れたりしてしまうことが少なくありません。

歌が上手な人や声が良く通る人と、上手く声が出ない人とでは、一体何が違うのでしょうか?

沢山の生徒さんの喉を触らせていただいて分かったことは、元々よく声が出る人、高い声が出る人は、喉の筋肉が柔らかく柔軟に動く方が多いです。

反対に、思うように声が出ない人の多くは、「喉や舌の筋肉」が硬くなってしまったり、うまく動いていない筋肉があったりするようです。

例えば、片足重心で立ち続けている時と、両足で姿勢よく、体幹をしっかり使って立っているとでは、両足の方が疲れずに立ち続けられるのはわかりますよね。

ある筋肉ばかりを使って声を出していると、そこに負担がかかるので、喉が疲れやすく、上手く声が出ないということが起きます。

喉の筋肉を柔軟にバランスよく使えるようにしていけるようなトレーニングをすることで、疲れずに大きい声や響く声、高い声も出せるようになっていきます。

骨格は変えられませんが、筋肉は今からでも強化できます!
あなたが本来持っている声のパワーの眠っている部分を引き出すことで、まだまだ大きく声が変わる可能性があるのです。


当スクールの考えるボイストレーニングとは、色んな声を出しながらバランスよく喉の筋肉を強化し、「何をどうしたら、出したい声が出るようになるのか?」の手順を知っていくこと。

せっかく練習する時間を無駄にしないためにも、ボイストレーニングに取りかかる前に、
「自分の喉や身体の特徴」
「自分の声が上手く出ない問題点」
「自分の声にはどんな魅力が隠れているか」
を、まず知ることが大切です。


トレーニングする際には、ボイストレーナーに言われたことをただやみくもにやるのではなく、
「自分に必要なトレーニングは何か」
「これをやれば声がどう変わっていくのか」

「きちんと効果が出ているかどうか」
一つ一つ生徒さん自身が納得しながら進めて練習していかないと、本当に変わっていくことはできません。


当スクールが目指すのは、「レッスンを受けているその場だけ出来る」というのではなく、
一人で歌っても、後にスクールを辞めたあとでも、「自分に合う出し方がわかって、いつでも安定して声が出るようにする」ところまで引き上げることです。

あなたが、自分にとって本当に必要なトレーニングの方法や手順を理解して練習していけば、必ず音域・音色・声質を変化させることができるようになります。

低音、中音、高音、細い声、太い声、柔らかい声、強い声…

色んな声が出せるようになって、自分の気持ちを今の何倍も表現することができたら。
曲の雰囲気やあなたの気持ちに合わせて、自由に色々な声が出せたら。

それが叶えられたら、声を出すこと、歌うことがどれほど楽しくなるでしょう!

 

声をコントロールをするのに大事なことは?

まずは喉を開くこと

どんなジャンルの曲歌う時にも注意していかなければならないことは、「喉を開くこと」です。

喉が開くという感覚がないまま声を出していくと、喉が詰まって苦しくなったり、声がかれたりします。


「喉を開く」というのはどういう感覚かと言っても、「あくびの感覚」「喉の奥を開ける感じ」と教えられることが多く、なんとなく確信が持てないですね。

そこで、浅井のぞみは15年もの間、ボイストレーナーとして解剖学的な視点で研究し、どなたにでも分かりやすい方法を発見しました!

それは、『舌骨』という部分を下げるということです。

舌骨は手で触ることができるので、舌骨を下げることを練習すれば、だれでも簡単に「喉を開く感覚」を覚えることができます。
舌骨を下げながら喉の開き方を覚えると、声が良く響くようになり、のどが楽に大きい声・高い声を出すことができます!

声の音色や音程は、どうやって変えるかを知っていますか?

音程は、喉の筋肉を動かして、声帯を伸ばしたり縮ませたりすることで、変化させています。
音色は、喉の筋肉を動かして、喉の中のスペースを広くしたり狭くしたりすることで、変化させています。


喉には、声を変化させるために使われる筋肉が、喉の周りに沢山存在しています。
裏声を出す筋肉、地声を出す筋肉、音程を調整する筋肉、声の太さを調節する筋肉など…それぞれの筋肉に役割がありますが、
人によって強い筋肉・弱い筋肉が違います。



当スクールでは、スポーツジムのトレーナーのように、生徒さん一人一人の声に合わせて、弱い筋肉は強化し、強い筋肉はより働きを良くなるような、発声練習をしていきます。

弱い筋肉を強くしていくことで、今まで出なかった音域や声量を、どんどん伸ばすことができます。
喉の筋力バランスが上手く取れるようになると、喉が必要以上に疲れたり、枯れたりすることはなくなります。

また、歌手や役者、声優など、現在プロとして活動されている方でも、「声量や音色、響きの面で伸び悩んでいる」、「以前出た声が出なくなった」などの悩みのある方も多いです。
このような方からもご相談を受け、一緒に解決していけるようなレッスンを行っています。

自分の声に合った出し方を知っていけば、たとえ、花粉症や風邪の時、結節を抱えていても、十分乗り切って歌えるようになります。


毎回のレッスン後には、その日のレッスンで効果的だったものをまとめて、次回のレッスンまでに練習してくるプログラムをお渡しします。
生徒さんはそれに沿って練習すれば大丈夫ですので、ボイストレーニングを受けるのが
初めての方もどうぞご安心ください。


発音をマスターすることの大切さ

レッスンを始めていくと、発声練習では、今まで出したことのなかった高音・声量・声の響きに驚かれることと思います。
しかしながら、発声を学んでも、すぐ歌が歌えるようになるのわけではないのです。

なぜなら、曲では歌詞を発音することで、舌と顎が動くからです。

舌と顎が動くと、自分の意思とは関係なく喉に力が入ってきてしまいます。
舌や顎が声を邪魔することのないように、正しい『舌の位置、顎の動かし方、口の開き方』を覚えていくことが大切です。

舌の画像を見ていただくとわかるように、母音は、舌の形が変化していくことによって変えられます。

一般には、日本での歌の指導の現場では、「口(あご)を大きく開けて、良く動かして歌いなさい」と言われることが多いです。
でも、あごが大きく動いてしまうと、自分の意に反して喉の筋肉も勝手に動いてしまいうため、声のコントロールがきかなくなります。

その結果、発声練習では声が出ても、歌だと声が出しずらくなってしまう方が多いのです。

レッスンでは、あごを動かさずに、言葉がはっきり言えて、声の響きを失わないような舌のフォームを細かくわかりやすく指導していきます。

発声練習で出たいい声をそのまま歌に生かすためには、ここが重要なポイントです。

うまく声が出ないのには、筋肉の硬さが関係していることも

ただ、喉の筋トレをしていくのに、障害になるものがあります。

それは「首の筋肉の硬さ」・「顎関節のゆがみ」・「舌の筋肉の硬さ」です。

できるだけ効率よく、喉の筋トレを行って声を改善していくには、声に関わる身体の部位の柔軟でないといけません。

講師が生徒さんの身体の硬さや動きをチェックしながら、必要に応じてマッサージをしたり、ストレッチなどの方法をお教えします。

身体の硬い筋肉が緩んでいくと、舌骨や喉の筋肉のコントロールがわかりやすく、声も出しやすくなります。

ボイトレを個人スクールで習うメリット

ボイトレはひとりだけでは練習しにくい

「自分では上手く声が出てる」と思っていても、他人への聴こえ方が同じとは限りません。

キンキンして聴きづらい、心地よく聴こえないということがあります。

独学ではそのギャップを埋めることは難しいため、ボイストレーナーにきちんと判断してもらいながらトレーニングしていく方が早く改善されていきます。

良い意味でマニュアル化されていない、個人個人に合うレッスンが可能

レッスンでは、その日の生徒さんの体調や声の調子を聴きながら、発声練習を作り出しているので発声のパターンは無数です!

初心者からプロの方、年齢、レベル、目的も様々な生徒さんが受講しています。

 

当スクールがボイトレで気をつけていること

歌うことにストレスを感じないように

当スクールが考える「良い声」の条件とは、まずは「喉が苦しくないこと」。

続いて「幅広い音域に対応できること」、「よく響く=大きく出せること」です。

どんなに大きい声や高い声が出ても、喉が苦しそうではその声は出すべきではないと思うので、生徒さんの喉の感覚を常に気にかけています。

「今のどうですか?」と聞いて、「ちょっと苦しかった」と言われれば、必ず改善でする方法を考えます。

目指すのは、「自分にも人が聴いても、気持ちがいい声」

大きい声を出そうと無理に叫んだ場合、人が聴いてもキンキンして心地いい声にはなりません。

意外と、自分で思っているよりも、人には大きく聞こえません。


大きい声や響く声は、共鳴腔という響きのスペースを広げることで作られます。

共鳴腔をしっかり使った声は、遠くまで良く響き渡ります。

喉の詰まりを感じることはなく、自分自身にも心地よく感じることができます。


「自分の声が好きじゃない」と思っていた方も、自分の中のきれいに響く声がきっと見つけられますよ。


ボイトレを学ぼうか迷われている方へ

恥ずかしいと感じる必要はないです!

歌にコンプレックスがあり、今までカラオケで歌ったことがないという方にも、丁寧にわかりやすくレッスンいたしますのでご安心ください。

これまで音楽を習ったことがない方も、もちろん大歓迎!

音符や音感、リズム感に自信がない方でも、今やれることを一つ一つ練習していけば、必ず変わっていくことができます。

「自分が行っていいのかな?」と不安に思わないでください!

どなたでもボイトレで声が変わる可能性を持っています。
「どんな風に変わっていくんだろう」と楽しみに来てください!

早く学び始めた方が、声も早く改善される!

「通らない声を通るようにしたい」「きれいな声にしたい」「パワフルな声で歌いたい」「あのアーティストのように歌いたい」
など、みなさんが思っていることを実現させるためには、早くレッスンを始めることです!

 

レッスン内容・料金

喉の筋肉を活性化させるトレーニングで、声量・音域・響きが自然とアップします!

レッスン内容<例>
■声帯の閉鎖の強化
■ブレスコントロール(呼気圧)
■舌骨を下げるトレーニング
■地声のトレーニング…太い地声、細い地声
■裏声のトレーニング…太い裏声、軽い裏声、鋭く強い裏声、低音の裏声
■地声と裏声のミックス
■低音~高音までひっくり返らないようにする舌骨筋の使い方
■響く声の作り方
■舌の筋トレ
■発音フォームのトレーニング

 
 

当スクールの新型コロナウイルス感染対策

当スクールでは、生徒さんが安心してレッスンを受け、思い切り歌を楽しめるような環境を整えております。

☞当スクールの感染予防の取り組みについてはこちら

こちらのレッスンの内容は、オンラインでも受講できます。

料金

無料体験レッスンを受けてから一週間以内の入会お申し込みで、入会金10.000円→50%OFF!

コース 時間 回数 料金

 

代表:浅井 のぞみ
 (火~土曜日)

30分 月4回 12.000円
45分 月3回 13.500円
月4回 18.000円
60分  月2回  12.000円
月3回 18.000円
月4回 24.000円
※単発をご希望の場合は、60分7.000円となります。

※レッスンの振替は、レッスン日前日の23時59分まででの受付となります。それ以降は消化扱いとさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください




30分無料体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら