ボイストレーニング専門コース

こんな方におススメ

■声量・音域を劇的に広げたい。
■今まで受けてきたボイストレーニングに限界を感じる。
■声が嗄(か)れたり、喉を痛めやすく歌うのがつらい。
■どんな難しい曲でも、自由に歌えるようになりたい。
■自分に合った正しい発声方法を知りたい。

自分の声を、自由にコントロールすることとは?

レッスンでは、よく生徒さんからこんなことを聞かれます。
「プロのとても上手な歌手の方々は、無理して声を出しているように見えないです。
高い音でも簡単に出てるみたいです。
やっぱり元々の喉が違うんでしょうか?」

そうですね、一般の方は、いつもより高い声や大きい声を出したとき、長い時間声を出し続けたときに、喉が疲れたり嗄(か)れたりしてしまうことが少なくありません。

歌が上手な人や声が良く通る人と、上手く声が出ない人とでは、一体何が違うのでしょうか?

沢山の生徒さんの喉を触らせていただいて分かったことは、元々よく声が出る人、高い声が出る人は、喉の筋肉が柔らかく柔軟に動いています。
反対に、思うように声が出ない人の多くは、「喉や舌の筋肉」が硬くなってしまったり、うまく動いていない筋肉があったりするようです。

例えば、片足重心で立ち続けている時と、両足で姿勢よく、体幹をしっかり使って立っているとでは、両足の方が疲れずに立ち続けられるのはわかりますよね。
ある筋肉ばかりを使って声を出していると、そこに負担がかかるので、喉が疲れやすく、上手く声が出ないということが起きます。

自分の出したい声が出るために大切なのは、喉の筋肉を柔軟にバランスよく使えるようにしていけるトレーニングをするこ
です。

それによって、今まで出なかった高音域、大きい声や遠くに響き渡る声も出せるようになっていきます。

骨格は変えられませんが、筋肉は今からでも強化できます!
あなたが、自分にとって本当に必要なトレーニングの方法や手順を理解して練習していけば、自分の思い通りの声を出すことができるようになります。

色んな声が出せるようになって、自分の気持ちを今の何倍も表現することができたら。
曲の雰囲気やあなたの気持ちに合わせて、自由に色々な声が出せたら。

それが叶えられたら、声を出すこと、歌うことがどれほど楽しくなるでしょう!

☞45分無料体験レッスンのお申込みはこちら

 

 

声をコントロールをするための手順とは?

1.声を変える(喉仏・軟口蓋のコントロール)

みなさんは、声のコントロールする筋肉は、喉仏の内側と外側にあるということをご存知でしょうか?

喉仏の内側には声帯と、声帯を動かす筋肉があり、「声の基」となる音を作ります。

喉仏の外側には、喉仏を真ん中にして、沢山の筋肉が四方八方に吊り合っていて、それぞれの筋肉が引っ張られることで声の音色や響きが変えられます。

強い筋肉、弱い筋肉と偏りをなくすため、あなたの喉の筋肉の状態に合わせた発声練習をします。
下の図の青で書かれた矢印は、声をコントロールする筋肉を表しています。
喉のどこをトレーニングしてけばいいか、一緒に考えていきましょう。


※軟口蓋とは・・・口の中の一番奥の上側にあるドーム状の柔らかい部分です。

2.喉を開く(舌骨・喉頭蓋のコントロール)

どんなジャンルの曲歌う時にも、必ず注意していかなければならないことは、「喉を開くこと」です。
喉が開くという感覚がないまま声を出していくと、喉が詰まって苦しくなったり、声がかれたりします。

喉が開くという感覚は、喉頭蓋という部分が上にあがることで感じられるのですが、目で見たり触ったりして確認することはできません。

しかし、当スクールの浅井のぞみの長年の研究で、喉頭蓋は『舌骨』と連動して動くことがわかりました。
舌骨は手で触ることができますので、どなたでも簡単に「喉を開く感覚」を掴むことができます。

3.発声練習(喉の筋肉をバランスよくコントロール)

弱い筋肉を強くなるような発声練習をしていくと、今まで出なかった音域や声量が出るようになり、喉が必要以上に疲れたり、枯れたりすることはなくなります。

また、歌手や役者、声優など、現在プロとして活動されている方でも、「声量や音色、響きの面で伸び悩んでいる」、「以前出た声が出なくなった」などの悩みのある方も多いです。

花粉症や風邪の時、結節を抱えているような場合でも、十分乗り切って歌えるようになります。


毎回のレッスン後には、その日のレッスンで効果的だったものをまとめて、次回のレッスンまでに練習してくるプログラムをお渡しします。
生徒さんはそれに沿って練習すれば大丈夫ですので、ボイストレーニングを受けるのが
初めての方もどうぞご安心ください。

4.きれいな発音(舌の筋肉トレーニング)

レッスンを始めていくと、発声練習では、今まで出したことのなかった高音・声量・声の響きに驚かれることと思います。
しかしながら、発声を学んでも、すぐ歌が歌えるようになるのわけではないのです。

曲を歌うと、舌と顎が動き、自分の意思とは関係なく喉に力が入ってきてしまいます。

舌や顎が声を邪魔することのないように、正しい『舌の位置、顎の動かし方、口の開き方』を覚えていくことが大切です。
舌も喉の筋肉と同じように、様々な方向へ動かす筋肉がありますので、それぞれを偏りなくトレーニングしていきます。

声の響きを失わず、はっきり言葉を発音できるような舌のフォームを細かくわかりやすく指導していきます。

舌も自由にコントロールすることができれば、外国語の曲、どんな早いテンポの曲でも歌うことも歌詞をしっかり発音して歌えるようになります。

大切なのは、一人一人の声に合わせたレッスン

ボイトレは自分だけでは練習しにくい

「自分では上手く声が出てる」と思っていても、他人への聴こえ方が同じとは限りません。
また、他の人に効果が出たことでも、自分の声は変わらなかったということもあります。

下の動画のように、それぞれの声のタイプに合わせた練習を行っています。


当スクールがボイトレで気をつけていること

歌うことにストレスを感じないように

当スクールが考える「良い声」の条件とは、まずは「喉が苦しくないこと」。
続いて「幅広い音域に対応できること」、「よく響く=大きく出せること」です。

どんなに大きい声や高い声が出ても、喉が苦しそうではその声は出すべきではないと思うので、生徒さんの喉の感覚を常に気にかけています。
「今のどうですか?」と聞いて、「ちょっと苦しかった」と言われれば、必ず改善でする方法を考えます。

目指すのは、「自分にも人が聴いても、気持ちがいい声」

アンヴォ―カル・ピアノスクールでは、あなたの中で、最もきれいに、力強く、心地よく響く声を引き出していきたいと思っています。

大きい声や響く声は、共鳴腔という響きのスペースを広げることで作られます。
共鳴腔をしっかり使えるように練習していくことで、どなたでも変わる可能性があります。

「自分の声が好きじゃない」と思っていた方も、自分の中のきれいな輝く声を見つけていきましょう!


ボイトレを学ぼうか迷われている方へ

恥ずかしいと感じる必要はないです!

歌にコンプレックスがあり、今までカラオケで歌ったことがないという方にも、丁寧にわかりやすくレッスンいたしますのでご安心ください。

これまで音楽を習ったことがない方も、もちろん大歓迎です!
「自分が行っていいのかな?」と不安に思わないでください!

自信がない方でも、今やれることを一つ一つ練習していけば、必ず変わっていくことができます。

どなたでもボイトレで声が変わる可能性を持っています。
「どんな風に変わっていくんだろう」と楽しみに来てください!

「通らない声を通るようにしたい」「きれいな声にしたい」「パワフルな声で歌いたい」「あのアーティストのように歌いたい」
など、みなさんが思っていることを実現させるためには、早くレッスンを始めることです!

当スクールの新型コロナウイルス感染対策

当スクールでは、生徒さんが安心してレッスンを受け、対面でも思い切り歌を楽しめるような環境を整えております。
☞当スクールの感染予防の取り組みについてはこちら



こちらのレッスンの内容は、オンラインでも受講できます。
☞オンラインでのレッスン 詳しくはこちら

レッスン料金

無料体験レッスンを受けてから一週間以内の入会お申し込みで、入会金10.000円→50%OFF!

コース 時間 回数 料金

ボイストレーニング専門レッスン
(火~土曜日)

30分 月4回 12.000円
45分 月3回 13.500円
月4回 18.000円
60分  月2回  12.000円
月3回 18.000円
月4回 24.000円
※単発をご希望の場合は、60分7.000円となります。

※レッスンの振替は、レッスン日前日の23時59分まででの受付となります。それ以降は消化扱いとさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください




45分無料体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら