【洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?②地声編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、アンヴォ―カル・ピアノスクールの浅井のぞみです。

「海外アーティストのようなミックスボイスを手に入れる!」の続編です。
今回は、地声の練習の方法についてお話していきたいと思います。

前回のブログでも載せたことをおさらいすると、
地声ベースの軽いミックスボイスを出したい場合は、まず©キンキンした鋭い裏声Ⓕの平べったい細い地声、それぞれ正確に出し分けていく練習をします。
 次に、©キンキンした鋭い裏声 ↔ Ⓕの平べったい細い地声 を、交互に繋げて出す練習をしていきます。
そうすると、段々両方の筋肉バランスがとれて、いい意味で裏声か地声かわからないような、ミックスボイスになっていくことができます。

更に、海外のアーティストのような、より太いパワフルな声や幅広い表現力を目指すなら、裏声でⒶ~Ⓓの4種類、地声でⒺ~Ⓖの3種類を出せるように練習していきます。
そうすると、ベルティングボイスやラスピーボイスも曲の中でかっこよく取り入れることもできるようになります。


そして、今回は前回の続きということで、地声の練習方法についてお話していきます。

洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?①裏気編
【洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?③ミックスボイス編

それぞれ見本の音源も合わせて載せていますので、合わせてご覧ください。

ミックスボイスに必要な地声の練習方法とは?

地声は、皆さん普段しゃべっている時によく使っているので簡単に出ると思います。
でも、侮ってはいけません!
地声の音色を思い通りにコントロールできるかどうかは、別問題です。
 
特に、高音が出しずらい方、音程が合いずらい方は、普段の話し声でいい地声の出し方ができていない可能性が高いです。
普段、息漏れをしたり、喉が詰まっていたり、長時間話していると喉がガラガラしたりはしませんか?

日常の話し声もよくなるので、是非試してみてくださいね。
Ⓔ小声で短く切って出す地声
【トレーニングする筋肉】
甲状舌骨筋(喉仏と舌骨の間)

声の出し方】
まずは、ア゛~って感じで、小声でガラガラ声を出します。

ガラガラした音を入れながら、「エッエッ」または「アッアッ」で、短く出します。
低い音から順番に音程を上げていきますが、苦しくなってきたらカワイイ感じの声にします。

【出しにくい方】
息漏れをしてしまってできない場合は、Ⓖの強めの地声で練習する。
喉が苦しくなってしまう方は、裏声のⒶとⒷの練習をしてから、これをやってみてください。

Ⓕ平べったい細い地声
【トレーニングする筋肉】
胸骨甲状筋(喉仏の下)、甲状舌骨筋、口蓋喉頭筋(軟口蓋を上げる筋肉)

【声の出し方】
ネネネネと地声で出します。
上の前歯が見えるくらい笑顔で、頬骨を上げながら出します。
舌先をできるだけ動かないようにして、早くしゃべるようにします。

【出しにくい方】
喉仏を上げるように意識してみてください。
高い声でエ?と聞き返すような声を出すと、喉仏が上がります。
喉が苦しくなる場合は、舌が前に出ているかも知れません。
舌を後ろに引っ込めながらエアエアと言ってください。

Ⓖ太く響く地声
【トレーニングする筋肉】
胸骨甲状筋(喉仏を下に引っ張る)、肩甲舌骨筋(舌骨を下げる)、輪状咽頭筋(喉仏を後ろに引っ張る)

声の出し方】
声が細い方、声が小さい方に効果的な練習
です。
元々声が太く大きくなりやすい人は、あまりやらなくて大丈夫です。

息を吸いながら、舌を思いっきり後ろに引っ込めて、こもった「オ」を出します。
低音域だけの練習でOKです。
首も後ろに引いて、オエっとなりそうなくらい、舌を奥に引っ込めて硬い地声になるようにしてください。

【出しにくい方】
舌骨や喉仏が普段上がり気味ではないでしょうか?

ストローを吸うように息を吸って、喉仏や舌骨を下がるのを確認してから声を出してください。

こんな感じで、今回は地声の練習についてお話ししました。

地声は裏声に比べて喉が痛くなったり、枯れたりしやすいので、「おかしいな」と思ったら小さい声でやるようにしてください。
最初は5分くらいの短時間でOKです。

この中で「これだけうまくできない」と思うものがある場合は、その声を出すための筋肉が弱いからなので、他の声より良く練習していただくといいですよ。

どうしてもよくわからない方は、当スクールのレッスンの無料体験レッスンにお申込みくださいね!

アンヴォ―カル・ピアノスクールのレッスンはこちら

☞洋楽ボイストレーニングコース
☞ボーカルコース
☞発声専門コース

コメントは利用できません。

45分体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら