【洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?③ミックスボイス編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!
アンヴォ―カル・ピアノスクール代表の浅井です。
いよいよ、今回はミックスしていくための練習方法です。

文章で説明するのが結構難しく、何度も書き直したり、音声を撮り直したりしていたら、かなり時間がかかってしまいました。
分かりにくい表現や説明もあるかも知れませんが、よかったら参考にしてください。

さて、裏声編、地声編では、それぞれ声の出し分けが上手くできましたでしょうか?

まだそちらをやっていない方は、裏声編・地声編の練習をやってから、ミックスボイス編の練習に入ってくださいね。
→【洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?①裏声編
→【洋楽ボイトレ】ミックスボイスを出せるようになるには?②地声編

ミックスボイスを早くマスターするには?

では、ミックスボイスを早くマスターするには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
単純に地声と裏声を混ぜるだけで上手くいきません。

 「呼気圧と声帯の厚さのコントロール」ができないと、ひっくり返ったり、力みが出たり、息が漏れすぎたりすることになります。 

効率よくマスターするためにも、まずそちらから説明していきたいと思います。

⑴呼気圧を一定に保つには?

地声から裏声にスムーズに切り替えたり、良いバランスで出るようになるには、呼気圧のコントロールが大事です。
まず、呼気圧を一定に保つ練習をしたいと思います。

 呼気圧とは、息を吐くための勢いのことです。 

強すぎると、喉に力が入りやすく、声帯の厚さのコントロールがしにくくなるので、フンッと力を入れないようにしましょう。

【方法】
リップロールを同じ音で、ずーっと伸ばします。
何分でも持つくらいの感じで、そうっと。
一気に息を吐き出さないようにしてください。

 

⑵声帯の厚さ調節するには?

息を強さ、息を吐く量に対して、声帯がそれを受け止めなけばなりません。
しかし、吐いた空気を受け止める際に、声帯にギュッと力が入りすぎると、声帯が厚くなり高い声が出しずらくなります。

息を吐く量を増やして大きい声にしたいところですが、 声帯の厚みを変化させて声量の調節をしていく方法 も覚えましょう。
薄くしたり厚くしたりする感覚を覚えると、無駄な力が入らないように歌えるようになりますし、音程も安定します。

■裏声での厚さ調節

裏声で声帯の厚さや響きをコントロールする練習です。
こちらもリップロールの時のように息を吐く量は、一定のままで声帯や響きで声量の差をつけていきます。

声量が元々大きい方や、叫びあげてしまうタイプの方は、この練習をよくやってみてくださいね。

 

■地声での厚さ調節

声帯閉鎖(エッジボイス)を混ぜて小さい声を出し、だんだん大きくする練習です。
こちらもリップロールの時のように、息を吐く量は一定のままで、声帯や響きで声量の差をつけていきます。
大きくするときには、軟口蓋を上げるように意識します。

 

ミックスボイスの練習方法とは?

では、3種類のミックスボイスの出し方をご紹介します。

■裏声ベースのきれいなミックスボイス

最初の地声は小さく出して、喉仏を上げながらすぐに裏声に入るようにするのがポイントです。
高い音で声帯の閉鎖感が持続するように練習しましょう。

 

■地声ベースの明るい軽いミックスボイス(ベルティング)

先ほどの裏声ベースミックス(軽め)な声を出した時の力んでない感覚を忘れずに、地声のままで高音までいきます。
舌や喉仏が上がるとやりやすいので、音源では「キキキキ」で発声しています。

喉が詰まったり、苦しくなったりしてできない方は、裏声の練習のⓒをやり直してみてください。
それと、舌を少し後ろに引っ込めると、舌骨が下がって喉が開きやすくなります。

呼気圧を強めると、強い声になります。

 

■裏声ベースの強い太いミックスボイス

このような音色の声をラスピーボイスと言いますが、あまり聞きなれないですね。
太めの裏声の要素も入れますが、音色は重く太い強めの地声で、ちょっとノイズが入ったような感じの声になります。

最初の音から舌骨を下げ気味にしてから、仮声帯を入れていきます。

高い音では呼気圧をしっかりかけます。

やりにくい方は、舌骨の下がりが足りないので、裏声のⒼをやり直してみてください。
喉は、常にⒼと同じくらい開いている感覚で、出すと苦しくなりにくいです。

※仮声帯の入れ方については、こちらのブログをご覧ください。
→【洋楽ボイトレ】黒人歌手のようなパワフルな声になりたい!②

 難易度はとても高いので、喉が痛くなってしまった場合は、裏声ベースかベルティングボイスをマスターしてから、挑戦してください。 

手順さえ踏めば誰でも出せる!

複雑で面食らってしまった方もいるかもしれませんが、しっかり手順を踏んでいけばどなたでも出せるようになります!
しかし、一つ一つのトレーニングが「ちゃんとできているのか、できていないのか」を自分で判断することは、なかなか難しいかもしれません。
出来てると思ったことができていなかったりして、遠回りして時間がかかってしまうこともあります。


一つ一つのしっかり確認しながら、迷うことなく身についていきたい方は、ボイストレーニングのレッスンを受けることをおすすめします。

 実際のレッスンでは、間違ってしまった出し方をしっかり直しながら、一人一人に合った方法で、その方の声の持ち味を生かせるようにトレーニングします。 
是非アンヴォ―カル・ピアノスクールのレッスンを受けてみてください!

アンヴォ―カル・ピアノスクールのレッスンの詳細はこちら
→ボイストレーニング・発声専門コース
→洋楽ボイストレーニングコースのレッスン

コメントは利用できません。

45分体験レッスン受付中!

お問い合わせはこちら